生活保護受給者の方、
医療・福祉関係者の皆様へ

生活保護を受給されている方は

一切お金をかけずに
葬儀ができます

自己負担0円 の
生活保護葬について

【生活保護葬って何?】

生活保護受給者の方は、市区町村より
「葬祭扶助(祭儀費用)」を受給することができます。
これにより、施主様は「自己負担0円」で葬儀を執り行うことができます。

私たちは、低価格のサービスを通して、生活困窮者の方が悔いなく最後の
お別れができることはもとより、限られた財源の有効活用による
社会福祉行政の円滑な運営に寄与していきたいと考えています。

【生活保護葬の対象となる方】

●施主(扶養義務者)が生活保護受給者である場合
●故人が生活保護受給者で、ご遺族以外の方が葬儀の手配をする場合
 

※施主様が葬祭費用をご準備できる場合は支給されません

【葬祭扶助とは】

国が定める生活保護制度の種類の一つで、
ご遺族などが困窮のため葬儀を行うことが困難な場合に、
その費用を国が負担してくれる制度です。
なお、葬祭扶助が支給されるのは、あくまでも葬儀費用を
捻出できない方に限られます。

【葬祭扶助の対象となる費用】

下記のように、亡くなった方を搬送し、
棺に納め、火葬場にて火葬をするといった、
必要最低限の用品やサービスのみが対象となります。

■死亡診断書作成料■ご遺体搬送料■ドライアイス代■葬儀用品(棺、仏衣、骨箱など)

生活保護葬対象のプラン
Funeral plan

お別れ葬(火葬のみのプラン)10.9万円~(税別)

葬儀に関する儀式を行わず、
ご自宅または弊社式場にて安置し火葬場にて火葬式を行いお別れをいたします。

お別れ葬のご説明

「直葬」とも呼ばれている、最もシンプルなプランです。
お通夜も告別式もありませんが、短時間ですが火葬炉前でお別れをする時間や、宗教導師様をお呼びすることもできます。
「故人様に身寄りがなく、お呼びする方がいない」、「できるだけ早く葬儀を終えたい」、「経済的負担を極力抑えたい」とお考えの方にお勧めです。

お別れ葬の流れ

ご連絡

ご連絡

24時間365日いつでも承ります

お迎え

お迎え

24時間365日いつでも速やかに伺います

ご遺体安置

ご遺体安置

ご自宅または弊社式場へご遺体を安置します

お打ち合わせ

お打ち合わせ

日程や内容のお打ち合わせを行います

納棺

納棺

ご遺体を棺に納めます

出棺

出棺

ご遺体を寝台車にお乗せし、火葬場へ移動します

火葬

火葬

火葬場にて、故人様のお身体の火葬を行います

収骨・散会

収骨・散会

ご遺骨を拾い上げ骨箱に収めます

ご帰骨

ご帰骨

ご自宅でご遺骨を安置します

お別れ葬プランに含まれるもの
お打ち合わせ

霊柩搬送

霊柩搬送

病院等~ご自宅(10kmまで)

枕花

枕花

故人様の枕元に飾るお花

枕飾り

枕飾り

故人様の枕元に置く台および葬具一式

蝋燭・線香

蝋燭・線香

枕飾りに使用する蝋燭・線香一式

供物

供物

お供え用の果物・お菓子等

焼香設備

焼香設備

お焼香用の葬具一式

役所・火葬場手続き代行

役所・火葬場手続き代行

死亡届提出、
火葬許可手続き代行

納棺~出棺

棺

高級布張棺

仏衣

仏衣

故人様にお着せする着物一式

納棺

納棺

納棺の実施と進行

霊柩搬送

焼香設備

ご自宅~火葬場(10kmまで)

火葬~ご帰骨

骨箱

骨箱

ご遺骨を収める箱

位牌

位牌

戒名や法名を記した牌

葬祭扶助申請から葬儀終了までの流れ
ステップ
福祉事務所へ連絡

葬祭扶助の対象となるか、市町村の福祉事務所へ確認し申請をします。
葬祭扶助の申請が認められてから、次のステップへ進みます。

ステップ
私たちへご連絡

24時間365日承ります。
「葬祭扶助制度を利用して、葬儀を行いたい」旨をお伝えいただけますと、スムーズです。

ステップ
葬儀の執り行い

「お別れ葬プラン」にて葬儀を執り行います。

ステップ
葬儀施行の手続きと費用の支払い

私たちが、福祉事務所に葬祭扶助の支給に必要な手続きをいたします。
手続き完了後、市町村より私たちに費用が支払われます。
お客様がご負担する必要はありません。

注意点1

葬祭扶助制度を利用するためには、必ず葬儀の前に福祉事務所へ申請をしなければなりません。

注意点2

故人と申請者(施主)の住民票の管轄が異なる場合は、申請者の住民票がある自治体で申請をする必要があります。

医療・福祉関係者の皆様へ「経済的に困窮をされている方」、「身寄りのない方」の葬儀を、どこよりも低価格にて承ります。「お別れ葬プラン109,000円」+ドライアイス代(5,300円/1日)のみ(消費税別)で、葬儀を執り行わせていただきます。生活困窮者の方々の負担軽減による生活の維持と、限られた財源の有効活用による社会福祉行政の円滑な運営に寄与することが、私たちの願いです。
秋田市民葬祭についてのQ&A よくある質問 WEBからのお問い合わせ